遺産相続なら相続税をよく勉強しよう

遺産相続なら相続税をよく勉強しよう

遺産相続に関する法律で重要な点

相続というものは、だれでもが体験する可能性が高い反面、その詳細については知る人が少ない。特に、相続の開始は、届出などが必要と思っている人もよくいます。民法上において、相続は、被相続人の死亡という事実だけで開始します。つまり、届出はもちろん、相続人が被相続人の死亡を知らない場合でも相続は開始するのです。もっとも、相続人が複数存在する場合には、遺産相続に関しては遺産全体が、複数の相続人全員の共有に属することになります。

したがって、遺産全体はどの部分もそのままでは個人の所有に属していないために、特定の相続人が単独で遺産を処分することは法律上ではできなくなっています。そこで、相続にあたっては、だれが相続人であるのかという確定作業が大切なことになります。この場合、被相続人の遺言が存在する場合にはその意思が優先されることになります。遺産分割の内容ももちろん遺言が民法の規定に優先することになります。

もっとも、遺言内容が特定の相続人だけに圧倒的に有利な場合には、他の相続人は裁判所に対して不服を申し立てることが可能です。この場合、遺言を残した被相続人の意思を尊重しながらも、不利益を被る相続人の最低限の相続分が保障されることになっています。これを相続の遺留分と呼んでいます。

RECOMMEND

Copyright (C)2017遺産相続なら相続税をよく勉強しよう.All rights reserved.