遺産相続なら相続税をよく勉強しよう

遺産相続なら相続税をよく勉強しよう

遺産相続に関する法律

遺産相続では、法律で定められた人が相続を行い、相続税を納めます。法律では相続できる親族とその順位が定められています。この、法律で定められている人を法定相続人と言います。被相続人(財産を譲る人)の配偶者は常に相続をし、子どもは第1順位の相続人となります。子どもが死亡している場合などには、その権利はさらにその子どもへと引き継がれます。第2順位は被相続人の親、第3相続人は被相続人の兄弟になります。このように厳格に定められていることで、遺産相続に関する混乱を防いでいるのです。

遺言書による遺産相続の場合には、配分が変わるケースがありますが、それでも法定相続人は規定の遺産は相続することになります。遺言書が有効か無効かを裁判で争うケースもよくありますが、このようなトラブルを防ぐためには法律で定められた規定を守った遺言書を作成することが重要となります。相続税はそれぞれ相続した人の財産の割合に応じて納める額が決められます。不動産などは価格を算出して価値が決定されます。土地などを遺産相続した場合、相続税を納めるだけの預金やお金がないケースも多くあります。そんなケースでは分納をする人も多くいます。分納は、相続税を分割して納める方法です。税務署に申告する時に分納にする手続きをすれば可能となります。

RECOMMEND

  • 税理士(春日)なら、面倒な経理・決算業務もおまかせのこちら。
  • レオパレス21のワールド ビジネス サポート
Copyright (C)2017遺産相続なら相続税をよく勉強しよう.All rights reserved.