遺産相続なら相続税をよく勉強しよう

遺産相続なら相続税をよく勉強しよう

法律で見る遺産相続の優先順位

知り合いが叔父から遺産を相続したと聞いて、そういうこともあるのかと知りました。学校の教科書レベルで習った内容だと遺産の半分を配偶者が相続して残りを子供が均分相続ということですが、当然そのパターンに当てはまらないこともでてくるわけです。配偶者がいない、子供がいない、といったことは特別なことではありません。そういった場合、相続の優先権というものを考える必要があります。

優先権の高い順番で挙げてくと、配偶者、子供、親、祖父母の直系、兄弟、甥・姪となります。配偶者も子供もいなければ、親が相続します。親もいなければ祖父母の直系、たとえば曾祖父母など、さらに兄弟、甥・姪と続いているわけです。そう考えると私の知り合いはそれなりにレアなけーすかもしれません。本人も遺産相続することを知らされたときに「なんで?」となったそうです。事前に相続できることを期待しているならともかく、一般的な感覚でいけば確かに目からうろこだと思います。

以上のような優先順位順でなくとも、遺言書を残しておけば変則的な相続も生まれます。法律はむずかしい。ちなみに、親族がいる場合はあまりそれから外れて遺言書を残すということは少ないようですね。

RECOMMEND

Copyright (C)2017遺産相続なら相続税をよく勉強しよう.All rights reserved.