遺産相続なら相続税をよく勉強しよう

遺産相続なら相続税をよく勉強しよう

遺産相続に関する法律

遺産相続という言葉を自分には縁がない話と聞き流した事がありませんか?いいえ、誰にでも起こりえる事なのです。遺産とは法律により銀行預貯金だけでなく不動産や美術品、そして借金まで全てを含めると定義されますので何もないという人の方が珍しい位でしょう。

遺産は相続される方を被相続人で受け取る側を相続人と呼びます。相続人は一般的に配偶者、子供、孫など血縁関係にある人がなる事が多いのですが、遺言書がある場合にはその内容が最優先されます。基本的に遺産相続は被相続人が亡くなった時点で法律上の手続きをしなくても開始されます。遺産相続の権利があって遺言書が無い場合は遺産分割が決定するまで誰か一人が勝手に遺産を処分する事はできません。しかし例え遺言書があっても内容があまりにも相続人への不利益がある場合は相続人の不服申し立てが民法で定められています。つまり遺言書を優先しながら相続人には最低限の権利が保障されます。ここで重要なのは遺産相続をしたいものとしたくないもので分ける事はできないという事です。つまり何かしらの遺産相続を受けたいと考えた時に被相続人に借金などがあった場合はそれも含めて相続しなくてはならないのです。

借金などの不利益の方が大きい場合は遺産相続をしない方法もあります。全ては法律によって定められている事ですが先に知っておけば自らの不利益にならない様にできる可能性はあります。誰にでも起こりえる事なので最低限の知識は持つように心がけたいものです。

RECOMMEND

Copyright (C)2017遺産相続なら相続税をよく勉強しよう.All rights reserved.