遺産相続なら相続税をよく勉強しよう

遺産相続なら相続税をよく勉強しよう

遺産相続の、意外と知らない法律上の注意点

将来、もしくは今現在。自分が財産を残し、それを遺産として相続させるということは、誰にでも起こり得ることです。そんなときに、法律上の決まりを知らないと、遺産相続する上でトラブルになってしまうことも考えられます。今回はそんな法律上の注意点を述べさせていただきます。

まず、遺言書を書くに当たって必要なことは、必ず書面で本人が直筆で書くということです。最近はデジタルの時代ですから、ビデオにとったり、ワープロで書いたりしてみたいと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それらは法律上全て無効となります。ただし、書面であれば紙の材質は問いません。画用紙でも和紙でもいいですし、それこそ本の見返しの空白部分に書いたり、スーパーのチラシの空いているスペースなどを使って書いてもかまいません。本人が直筆で書いていれば、全て有効です。また、書くときは必ず日付と署名、そして押印が必要です。日付も正確に何年何月何日と書かなければいけません。なぜなら、遺言書が2通以上あった場合は、日付の新しいほうが有効になるからです。署名と押印も、書いた人間が本人であることの証明です。ただし押印に関しては、実印でなくてもかまいません。それこそ三文判でもいいのです。このように、法律上では様々な細かい規定があります。これらは遺産相続の上では基本的なことですが、意外と知らない方も多かったのではないでしょうか。もし遺言書を書く機会がありましたら、お気をつけ下さい。

RECOMMEND

Copyright (C)2017遺産相続なら相続税をよく勉強しよう.All rights reserved.